メディカルプラザ市川駅・健美齢|内科・循環器内科・糖尿病内科・生活習慣病内科・透析・整形外科・心臓血管外科(下肢静脈瘤レーザー治療)・スポーツ医学(スポーツ整形)・泌尿器科・皮膚科・形成外科・乳腺外科|ハリ(鍼灸)・アロマ・カイロ(整体)・美容外科(美容皮膚科)|千葉県市川市市川のクリニックです。市川駅1分、ダイエー市川の9階です。

カルニチンのこうして効きます。

カルニチンは実は特別なものではありません。私達だけでなく、全ての生物がもっているアミノ酸の一種です。
リジンとメチオニンというアミノ酸から出来ています。

zu11_fw_

カルニチンは生命を維持し、身体のあらゆる機能を継続的に働かすために必要なエネルギーを作るアミノ酸です。そのエネルギー生成工場とはヒトの場合は流血中の赤血球を除く全ての細胞、60兆個の細胞が持っているミトコンドリアです。 ミトコンドリアの機嫌を損ねないように、カルニチンを補充することが病気予防、病気の重症化予防には不可欠であるのはこのためです。

zu12_fw_

生命を動かし続けたり、身体のあらゆる機能を継続的に働かすために必要なエネルギーを作るアミノ酸、
それがカルニチン!!

カルニチンの身体の中での役割をまとめると
1.既に述べてきたように、細胞のミトコンドリア工場で効率よく脂肪酸からエネルギー(ATP)を作ります。グルコース(糖質)の3~4倍ものATPを作ります。
2.ビタミンE、ビタミンC、グルタチオンは細胞内に発生した錆の原因である活性酸素、フリーラジカルを高効率で消去することで有名ですが、カルニチンはこれらと同じぐらいか、それ以上の高効率で活性酸素、フリーラジカルを消去します。

zu13_fw_

3.毒性の強いアンモニアやアシル化脂肪酸がミトコンドリアに溜まるのを防ぎます。すなわち解毒作用を発揮します。
4.血管内皮細胞に働いて、血管を広げさせることが出来る物質(窒化酸素)の合成を高め、血管を広げます。このことが動脈硬化抑制に繋がります。

zu14_fw_

5.カルニチンは赤血球膜を裏側から支える成分の一つになっています。これにより赤血球それ自体の寿命を90日前後に維持することができます。
6.抗炎症作用、免疫抵抗力を高める作用があります。
7.脳ではカルニチンの代謝物であるアセチルカルニチンが情報伝達物質として働きます。
8.筋肉では疲労物質である乳酸の蓄積に代えて、アセチルカルニチンを増やすATP合成回路に向かわせます。運動能力を高めることに繋がります。
9.肝、腎では蛋白合成を高めます。その結果、例えば、血清アルブミンを上昇させます。
10.カルニチン転移酵素(トランスフェラーゼ)は全身に存在しています。腎糸球体に続く腎尿細管では特に高度に発達し、腎糸球体で濾過されても、身体にとって必要なカルニチンを再吸収(尿から身体に回収)するという大切な働きをしています。

zu15_fw_

カルニチンは何処でつくられるか

カルニチンは食事によって補うことが出来ます。同時に、自分自身の体内で作ることが出来ます。しかし、作る場所は腎臓、肝臓、脳と限られています。

zu16_fw_

作られたり、食事から補われたりしたカルニチンで、少し余剰のカルニチンは筋肉、心臓、赤血球に蓄えられます。カルニチンは、筋肉、心臓はそれぞれの細胞内に存在しますが、赤血球の場合は膜の裏側の成分として、通常は円形でも血管の形によっては如何様にも変形させて、血管内を壊れることなく流れるという柔軟な構造の元になっています。

zu17_fw_

問題は60歳を過ぎたあなたです。カルニチンを作ってくれているはずの腎臓がいつの間にか作る力が減退している可能性があるのです。腎臓病やがん予防のために蛋白制限をしている方は食べて補っているはずのカルニチンにとっても不本意ながら制限してしまっている可能性があるのです。おまけに仮に沢山食べても加齢とともに腸内細菌が多くなっていますから、食べたカルニチンには腸内細菌に食べられ、あなたの体内に吸収されるカルニチンはわずかになっている筈です。

カルニチンの身体のなかでの動き
zu18_fw_

60歳を過ぎたあなたはカルニチンを作る力が減退!!

それではどうするか?
 なんとかして補うしかありません。
 羊の肉には沢山、含まれています。しかし、我々日本人、特に北海道以外では羊の肉は余り売られていません。サプリメントとして飲むのがお手軽です。カルニチンは腎尿細管、幹細胞、骨格筋細胞、心筋細胞などほぼ全身の細胞に発現しているOCTN2(カルニチン機カチオントランスポータ)という通路を通って細胞内に入ります。食べたカルニチンが体内に入る時は小腸にあるOCTN2を取らないといけません。OCTN2の勢いが低下していたり、大腸菌がふえるなど腸内細菌叢が乱れていたりすると、腸内細菌に食べられてしまって、腸内細菌が折角のカルニチンをトリメチルアミンという動脈硬化促進物質に変えられてしまうという危険を伴うのです。
 経口でカルニチンを補充する場合は便通が整っているか、毎日“バナナ糞”がでているかなどに注意し、腸管からの吸収が十分かなどについても気にかけてください。

zu19_fw_

カルニチンの副作用は?

カルニチンには副作用らしい副作用は無いと考えています。過度に摂取すると筋肉質になってしまうかもしれないとか、食欲増進作用があので、痩身願望のある人は注意すべきという見方もあります。これらとても、筋肉質になりたくない人は食欲亢進に気付いたら、過剰使用を控えればよいのです。
但し、補充したカルニチンを筋肉内に行き渡らすためにはカルニチンを輸送するために船のような蛋白質が必要です。この蛋白質は運動刺激で活性化されますので、痩身のための使用には必ず体操、早足歩行など、運動刺激も合わせてご自分の身体に加えてください。

zu21_fw_

特筆すべき副作用報告がないのがカルニチン
その一方で凄い力を発揮するのがカルニチン
 生物はエネルギ-なしに動いたり、生命を存続させたりすることはできません。エネルギ-とは自動車や電車の場合はガソリンであったり、電気であったりしますが、生物はATP(アデノシン3リン酸)という物質がこれらに相当します。ヒトも例外ではありません。しかも、ヒトの場合はなんと自分の体重の1.5~2倍のATPを作り、ほぼ同時に消費して、生命活動を継続させているのです。体重60kgのヒトなら約100kgのATPを作り、使いきっているのです。逆に言えば、それだけないと、生命活動を継続させることはできません。そのため、カルニチンは自ら作ったり、外から食べて、取り入れたり、蓄えたり、再利用したりと多様な方法で、体内で貯えられているのです。