メディカルプラザ市川駅・健美齢|内科・循環器内科・糖尿病内科・生活習慣病内科・透析・整形外科・心臓血管外科(下肢静脈瘤レーザー治療)・スポーツ医学(スポーツ整形)・泌尿器科・皮膚科・形成外科・乳腺外科|ハリ(鍼灸)・アロマ・カイロ(整体)・美容外科(美容皮膚科)|千葉県市川市市川のクリニックです。市川駅1分、ダイエー市川の9階です。

深部静脈血栓症・肺動脈塞栓症
(エコノミークラス症候群)

「深部静脈血栓症」は静脈瘤と並んで頻度が高い静脈の病気です.静脈瘤とは別の病気ですが,ぜひ知って頂きたいので,ご紹介します.

 

血液が流れづらい状況,血液が固まりやすい状況,血管の問題が重なると,血栓(血の塊)が出来やすくなると言われています.「深部静脈血栓症」は,長時間にわたり水分を取らずに膝を曲げた状態を持続したときに起きやすいと言われているため,「エコノミークラス症候群」と呼ばれて有名になりました.エコノミークラスでの航空機旅行ではない,環境と関連した血栓症も報告されるようになり「ロングフライト血栓症」あるいは「旅行者血栓症」という名称も生まれました.最近では,震災による避難生活の際の危険性が注目されています.

 

深部静脈に血栓があっても,小さなものであれば症状はありません.血栓による閉塞の程度によっては,足がむくむことがあります.
下肢の深部静脈血栓症は,血流障害をおこし,むくみや皮膚トラブルを引き起こしますが,それ以上に問題となるのは,下肢の深部静脈で生じた血栓は,肺に流れていくことがあるからです.

 

深部静脈の血栓は心臓を通り過ぎ,肺動脈という血管へ流れ着きます.これによって肺動脈が詰まってしまうのが「肺動脈血栓塞栓症」です.

 

大量の血栓が肺動脈に詰まった場合,口や鼻から息を吸っても,体に酸素を取り込むことができない状況になり,突然死や低酸素脳症などの重篤な合併症を起こします.

 

深部静脈血栓症・肺動脈血栓塞栓症は,予防が重要です.
十分な水分(他のご病気のある方は,水分量を主治医にご相談ください)をとり,なるべく体を動かしてください.弾性ストッキングなどを用いた圧迫療法が有効なこともありますが,きちんと履けていないと,却って血液の流れを悪くすることもありますので,注意してください.

 

他のご病気がある方は,特殊な予防法が必要となることもありますので,担当医にご相談ください.

 

軽い運動としては,歩行がお勧めです.航空機など,歩くのが難しい状況では, 関節を動かすことを念頭に置いて体を動かすのが良いと思います.

 

メディカルプラザ市川駅 心臓血管外科 はこちら

静脈に関する情報サイト|下肢静脈瘤治療|『下肢静脈瘤プラザ』